ビトンのバッグ

ビトンのバッグといえば高級品の代名詞ともいえるものです。

世界でもっとも有名なブランドといってもいいのがルイ・ビトン(Louis Vuitton)です。

ブランドを知らない人でも名前は知っている、そしてどんな製品なのかイメージできる。 まさにブランドの代名詞ともいえる存在です。
多くの女性が憧れるものでもあり、あまりの人気にコピー商品が大量に出回ることでも知られています。

そんなルイ・ビトンの歴史は古く、創業は1854年、 ルイ・ビトンがパリのカプシーヌ通りでアトリエをオープンしたことにはじまります。

当初は旅行用のトランクを扱っていました。

まだ馬車がおもな移動手段だった時代、 彼が作るキャンバス地のトランクは軽量で持ちやすく、積み重ねも便利ということで たちまち人気となり、当時の旅行ブームにも乗って評判はヨーロッパ中に広がっていきました。

その評価が決定的になったのが1967年、世界博覧会で銅メダルを獲得したことでした。 なお、この頃からコピー製品が大量に出回りはじめます。
その後ロシアの皇太子やスペイン国王が注文をするなど、 上流階級の間でも評価を高めていき、高級ブランドとしての地位を確立していきます。 1888年にはルイの息子ジョルジュがルイ・ビトンの銘が入った 「ダミエ・ライン」のデザインを考案しました。

これは世界初の商標登録で、 製品にブランド名をあしらう現在のスタイルの原点となりました。これは89年のパリ世界博覧会で金賞を獲得する名誉ももたらしました。

そして1896年には現在ブランドのトレードマークとなっている 「モノグラム・ライン」という布地を発表。 例のルイ・ビトンの頭文字「LV」を組み合わせたマークが登場することになりました。

それ以降もビトンの人気と事業規模の拡大は進み、世界規模へと展開していきます。 1978年には日本でも進出、銀座に店舗をオープンします。
89年には香港、92年には北京と、アジアにも続々と進出しています。

とくに日本でのビトン人気は凄まじく、国内のみならずビトンのバッグを 目当てに本国を訪れるファンが登場しています。

高級ブランドビトン

このように、ビトンはまさに栄光に満ちた歴史をたどり続けています。その原動力がビトンのバッグであり、現在でも主力製品です。

その種類も豊富でハンドバッグ、ショルダーバッグ、ウエストポーチなど多岐に渡ります。 もちろん、どれもビトンらしい高級感と洗練性を感じさせる優れたもので、 ファンを満足させてくれるものばかり。

トレードマークのモノグラムも健在。

「スピーディ」「アルマ」「パピヨン」などが代表的なビトンのバッグとして 特に人気を集めています。 ビトンのバッグはただ高級感が高いだけではなく、どんな服にも合わせやすい という点も挙げられます。

落ち着いた色合いの大人びた上品な雰囲気は このブランドならではのものです。 今後もビトンのバッグは多くの人に愛され、憧れる存在であり続けることでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ