ビトンのキーホルダー

ビトンのキーホルダーは非常に有名です。
ご存知でしょうか。

ルイ・ビトンといえばたとえブランドに興味がない人でも 名前は知ってる、知名度、人気ともに超一流といえるブランドです。

その歴史は古く、1854年にまでさかのぼります。

創業者のルイ・ビトンがパリで旅行カバン専門の店舗として設立しました。

当初からキャンバス地のカバンを製作しており、重く持ちにくい木製に鋲を打った トランクが主流だった当時、軽くて持ち運びに適したビトンのバックはたちまち 大人気となりました。

その品質の高さからヨーロッパ各国の王族や貴族にも愛用されるようになり、 高級ブランドとしての地位を確立しました。 第二次大戦を境に事業規模を急速に拡大していき、78年には日本にも進出。 絶大な人気を博し、現在に至っています。

そんなビトンといえばやはりバックが最初にイメージされます。 トレードマークともいえるVとLを組み合わせたモノグラム、 茶色のバッグはビトンを象徴するものです。

多くの人がビトンといえば モノグラムのバッグを連想すると思います。 そんなビトンがキーホルダーを発売しているのを意外に思う人も 多いのではないでしょうか。

ビトンのイメージとキーホルダーが結びつかない人もいるでしょう。

キーホルダーの種類

ビトンのキーホルダーは確かに多くの人が抱いているビトンのイメージとは少々異なります。 ビトンのキーホルダーは控えめで大人びたブランドイメージとは異なり、 華やかできらびやかなものが多くなっています。

たとえば「ポルトクレパスバスティーユ」のマルチカラーなどは色鮮やかな 飾りが多数つけられた非常に華やかなものとなっています。

また非常に可愛らしいものもあります。2005年にパリのシャンゼリゼ店が オープンした際に販売されたものはスピーディーバックのミニチュアが飾りになっており、 そこにルイ・ビトンの刻印がついているというなんともキュートなものです。

華やかなものばかりではありません。これぞビトンのキーホルダー、と 思わせるものがあります。

「モノグラム アストロピル」はモノグラムのキーホルダー。素材もキャンバス地で、中央にはLVのロゴも しっかり入っています。 価格は3万円程度。

決して安いとはいえない価格ですが、 ファンなら持っていて損のないアイテムでしょう。
ビトンのキーホルダーは限定販売のものもあり、 チャンスを逃すと二度と手に入らないこともあります。

ビトンのファンはキーホルダーの情報をこまめにチェックする必要があるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ