ヴィトンのポーチ

ヴィトンのポーチを紹介しましょう。
ヴィトンのウエストポーチは女性から高い人気を得ている製品です。

ルイ・ヴィトンのことを知らない人はいないでしょう。

グッチ、シャネルなどと並ぶブランドを代表する存在です。

ブランド物に興味がなくても、ファッションに縁のない人でも名前は知っているものです。

創業者のLouis Vuittonが1854年にパリでオープンしたブラントです。もともとカバンのメーカーとしてスタートしており、旅行カバンでは世界で初のアトリエでした。 まだ馬車が移動手段の主役だった時代、旅行カバンといえばもっぱら木製の重いトランクでした。

彼はキャンバス地でトランクを作り、これまでにない軽量で馬車にも手軽に積み上げられることができるものを作り出し、たちまち大人気になりました。

また、防水機能や耐久性にも優れており、当時空前の旅行ブームに沸いていたヨーロッパ各地で、このブランドの評価は広がっていき、各国の貴族や王室が使用するようになり、ブランドイメージも確立していきました。

あまりの人気にコピー製品が大量に出回るなど現在でもあるトラブルに見舞われながらも順調に拡張を続け、現在でもなお超1級ブランドの地位を保ち続けています。

日本でも1978年に銀座に店舗をオープンし進出を開始。以後女性たちの間で絶大な支持を集め続けています。 そんなルイ・ヴィトン、現在ではさまざまな製品を取り扱っていますが、その主役はやはりカバンです。

あの格調高いモノグラムのロゴマークが全面にあしらわれたバックはある種のステータスシンボルにもなっています。持っているだけでも満足感を抱くことができるブランドイメージは随一といえるでしょう。

ウエストポーチもそんなヴィトンの魅力をたっぷり堪能できる製品となっています。 高級な素材、優れた品質、全体漂う品の良さ。このブランドでしか出せない芸術性を感じさせてくれます。

ウエストポーチでもやはりモノグラムのものが人気となっています。

塩化ビニールコーティングのモノグラムウエストポーチはこれぞルイ・ヴィトン! と思わせる強烈な存在感を放っています。

ウエストポーチとしてはほかに「タイガシリーズ」も人気です。 デザイン性に優れ、ブランドイメージを感じさせるだけではなく、本来の耐久性や機能性を失っていないのがヴィトンの素晴らしいところ。ウエストポーチも同様です。

ファンならば、ぜひともゲットしておきたいアイテムでしょう。

高級感漂うラメ

しかし、さすが天下のヴィトンのポーチだけあって、「大人の高級感溢れるラメ」と言われています。

まつげに付ける直前は「うっ!こ、これがまつげに付いちゃうわけ?!」と慌てちゃうほどラメラメしているのですが、実際付けてみると悪目立ちすることなく、ちょっと角度を変えたり俯いたりした瞬間にキラッと輝くさりげないラメ・・という絶妙な量がまつげに付くそうです。

ちょっとそこのスーパーに行くだけ~という時には付けないかもしれませんが、友達の結婚式だったり、コンパだったり、デートだったりする「勝負の日」にはぜひとも付けてほしいですね。 でも、シュッと1回塗る程度なら、普段でも十分使えると思います。

そして、ラメを付けるだけが能じゃありません。 本来は「トップコート」なので、ハリが出て落ちにくくなるのがメリット。 ただ、よく目をこすったり、触ったりする人は要注意かもしれません。 頻繁に触ると、手についたり目の中に入ったりしますらね。
ラメが気になるのはわかりますが、鏡でチェックする程度にして、触るのは控えめにしましょう。 ただ、この商品を使った人たちが口を揃えて言うには「ブラシが粗い」ということだそうです。

粗いということは、まつ毛が束になりやすく、できるだけ一本一本分けたい人は、マスカラコームで再度とかないといけないそうです。 しかし、さすがヴィトンのポーチ!と唸らせるだけの価値はあると思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ