ルイビトンの長財布

ビトンの長財布はビトンの製品の中でも高い人気を集めているアイテムです。

ビトンといえばバックか長財布をイメージする人も多いのではないでしょうか。

とくにあの独特のモノグラムはバックや長財布だからこそ映えるという感じもあります。 もともとビトンは旅行カバンの会社として始まりました。

その歴史は古く、創業者のルイ・ビトンが1854年にパリで設立したのがはじまりです。

当初からビトンのカバンは非常に高い評価を受けました。

重くて持ちにくい木製のトランクが主流だった当時において、 キャンバス素材を使用したビトンのトランクは軽くて持ちやすく、 馬車や鉄道に積み上げやすいといった圧倒的なアドバンテージがあり、 たちまち人気を博しました。

その後世界博覧会で銅メダルを獲得するなど知名度は全ヨーロッパへと広がっていき、 各国の王族や貴族が注文するなど高級ブランドとしていの地位を獲得していきました。

ビトンはとりわけ日本で高い人気を博していることでも知られています。
1978年の日本進出以来、絶大な人気を博しており、ビトンの製品欲しさに わざわざ本国まで足を運ぶファンはフランスでも有名になっています。

このように、ビトンといえばまずバックです。

現在ではさまざまな部門に進出していますが、 やはりメインであり、ブランドの魅力がもっとも発揮されるのもバック、 そして長財布ということになるでしょう。
ビトンの長財布はこのブランドらしい、シンプルながら洗練されたデザイン、 他では真似できない高級感などが魅力です。価格的にもバックに比べれば手に 届きやすいので最初に購入するビトンのアイテムとしても優れています。

素材もさまざまなものを使用しており、パテントレザーやマルチカラーキャンバスなど、 高品質かつ個性溢れる素材が揃っています。

長財布の種類

ビトンの長財布はその種類が豊富なことでも知られています。

二つ折り、三つ折、折財布、あるいはがま口やダブルホックのものなどもあり、 多彩なラインナップの中から選ぶことができます。
さらに、カラーが豊富なのも魅力です。
茶色はもちろん、黒やマンダリン、紫、白など多彩なカラーが取り揃えられています。

一番の人気製品はやはりモノグラムでしょうが、ビトンの長財布にはほかにも 「タイガ」や「ダミエ」なども人気となっています。

ビトンの長財布を持っていればそれだけでお金持ちになったような気分になれるもの。 ニセモノに注意が必要ですが、熱心なビトンのファンにも、 これからビトンに触れる人にもオススメできるアイテムといえるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ