ウォーターマンのインク

ウォーターマンのインクについてご紹介。

その前に、知らない人のために「ウォーターマン」について。

ウォーターマンは、120年以上前に設立されました。

世界で初めて「毛細管現象」を応用した万年筆を作り出したことが有名です。

本拠地はフランスで、世界を代表する万年筆の会社だと言えます。
会社の名前の由来は、創始者の名前からで、ルイス・エドソン・ウォーターマン。
ウォーターマン誕生のきっかけがこれまた興味深く、ルイス・エドソン・ウォーターマンは、最初は保険外交員をしていました。

大口契約を取り交わす席で、気合を入れて新品のペンを取り出したのですが、インクが漏れて契約書がダメになってしまいました。

慌てて新しい契約書を持って走ってきたのですが、すでにライバル社が契約を結んでいたそうです。

こういう苦い経験から「インクの漏れないペンを作ってやる・・」という発想転換がすごいというか、おもしろいですよね。 普通だったら「もっと大口の契約を決めてやる・・」って思いますよね。

それか保険外交員を辞めちゃうとか。 そこで「ペンを作ってやる・・」と思うところが凡人じゃないというか、ある意味才能なのかもしれません。

万年筆のインク

ウォーターマンのインクと言っても、万年筆インク、ローラーボールペンリフィル、ファイバーリフィル、ボールペンリフィル、シャープペンシルリフィルなどがあります。

でも、やはりウォーターマンのインクと言えば、看板商品でもある万年筆のインクですよね。

万年筆インクはなんと9種類のカラーが揃っています。 万年筆って黒や青くらいしかないと思っていました。

9種類のカラーバリエーションと、インクボトルはラージとスモールが選べます。 カラーバリエーションは、ブラック、ブルーブラック、フロリダブルー、サウス・シーブルー、グリーン、レッド、パープル、ピンク、ハバナがあります。

さすがウォーターマンのインクですね~。

ちなみにハバナとは茶色のことです。 名前がカッコよすぎて懲りすぎると、肝心の色が分らないことってありますよね。

その他のボールペンなどのインクは2,3色しかないので、いかにウォーターマンにとって万年筆が特別な商品かってことがわかります。 万年筆って、最近はあまり使う人はいなくなりましたが、歴史とか気品を感じますよね。

ウォーターマンの万年筆を贈り物として選ぶ人も少なくないとか。

歴史もあって高級感漂うウォーターマンのインクや万年筆たち。 いったいどこで売ってるの?って思いがちですが、けっこうどこにでも売ってます。

百貨店ならまず売ってるし、アピタなどのショッピングセンターにもありますし、「●●文具店」というような個人の文具店にもあります。

たぶんガラスのケースに入っているんじゃないかな?って思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ